トップイメージ

橘倉は信州佐久の歴史ある蔵元です

新製品 たまゆら

旬と酒 旬の食材と橘倉の酒

鮎の塩焼き

鮎の塩焼き

鮎は川藻を食べて育ち、独特の風味がある
別名「香魚」ともいいその香りがたまらなくいいのだが
養殖ではだめだ。天然ものに限る

そして食べ方は「塩焼き」だ
鮎に串をうち、まんべんなく塩を振りかける

じりじりと遠火であぶらると焦げ目がついてゆく。
強火の煙でいぶすようにじりじりと焼く

鮎に塩がふいてくれば
弱火にしてさらに焼く
たまらなくうまそうな匂いが広がってくるのはこの時。

香ばしく食べられるひれもしっかり焼く

見た目が大事だから、よく冷やした酒は
グラスに注いでスタンバイしよう
大粒の水滴がグラスの外側を滑り落ちるのを
楽しみながら鮎が焼けるのを待つ。

夏吟醸
大きな鮎ならば別だが
焼きあがった鮎は背中からがぶりといくのが旨い
良く締まった身の歯ごたえがいい。

一口食べたら、冷酒をぐぃっといこう

ひんやりとしたのど越しは
夏の夕暮れには欠かせない。

ワタの苦みは大人の味だ
嫌う人の気が知れない
しばし、口の中で苦みをわいながら
また酒をのむ。

風鈴の音があれば
さらに気分が盛り上がる
ぺろりと一匹平らげたら二匹目も行こう

あつい焼きたてをかぶりながら
幸せな自分を想う。夏はやはり鮎だ。


酒楽 ネットショップ
飲める店・買える店
峠百景
社長ブログ
saku13 saku13のFaceBookページへ

成城石井
橘倉のお酒が 買える店・飲める店 ご紹介
成城石井 成城店
世界から、日本から良いモノを集めておられる「成城石井」。普通のスーパーでは扱っていない美味しい食材に出会えるのも成城石井ならではですね。 橘倉の商品では「たまゆら」「純米酒 菊秀」をお取り扱いいただいています。
■157-0066 東京都世田谷区成城6-11-4
■最寄駅…小田急線 成城学園前駅 北口徒歩1分
■電話番号…03-3482-0111  営業時間…9:30 ~ 23:00

※橘倉をお取扱い頂いているお店「買えるお店・飲めるお店」こちらから


プライバシーポリシー